プロペシアの主な副作用

プロペシアの副作用ですが、もちろんプロペシアも医薬品なので副作用があります。

服用者全員に副作用が現れるわけではなく個人差がありますが、ならないという保証はどこにもありませんのでもし起きてしまった場合にどのような「副作用が起こるのか?、副作用に対策方法はあるのか?」これから服用してみようかなと考えている方の気になるところを説明していきたいと思います。

まずプロペシアを購入すると箱の中にプロペシアの取扱い説明書が入っています、成分、効果、起こりうる可能性がある副作用、などこの医薬品に関する様々な情報を読むことができます。

それによるとプロペシアの使用で以下の副作用を訴えた人がいるようです。

生殖器官の異常(射精障害、精巣痛、勃起不全)、プロペシアの服用をやめても治らない勃起不全があるようで、中でも生殖器官の副作用の報告が多く、インターネットでの口コミサイトでも一番確認されています。

しかしこの一番多い生殖器官の副作用は別の医薬品で改善することができます。

生殖器官の治療薬「バイアグラ」

バイアグラ(シルデナフィル)とはED(勃起不全)治療薬です。

プロペシアで引き起こされる生殖器官の副作用にも効果があり、医薬品どうしの相性も成分としてぶつかるものもなく悪くないため併用が可能となっています。

ついでにプロペシアの飲み合わせの悪い医薬品を調べてみたところ、プロペシア同様に男性ホルモンを抑制させる医薬品以外でしたら併用が可能という内容でしたので、安心してバイアグラとプロペシアの併用が可能です。

薄毛とEDの両方の症状で悩んでいる男性も多いのではないでしょうか、だとしたらこれは両方の症状で悩んでいる方には朗報と言え一石二鳥ですね!

プロペシア服用の注意点

プロペシアは未成年の方と女性の方の服用は禁止されています。

成長期の男性のDHT(男性ホルモン)を抑制してしまうと、成長障害が起こってしまう為です。

女性の方に微量ながらDHTが存在し役割があります、それを抑制してしまうと危険で、特に男児を妊娠されている方は皮膚や呼吸器官からも微量な成分を摂取可能なため注意が必要です。

プロペシアは肝臓に負担がかかるため肝臓が弱い方や病気がある方は服用できません。

このページの先頭へ