ミノキシジルの主な副作用

ミノキシジルとはよくドラッグストアなどで販売されている育毛剤の中の成分のことで、ミノキシジルを高濃度で使うと別の治療に使えますが薄めて使うと育毛効果があるため、育毛剤として販売されました。

ミノキシジルは飲んで使用するのではなく、直接頭皮に塗布して使用しますが副作用もあります。

ミノキシジルの報告されている副作用はもっとも一般的な症状は頭皮の痒みで、ミノキシジルに含まれる成分がアレルギー反応を引き起こすためにおこる症状です。

他の副作用は・ミノキシジルの使用箇所におけるニキビの発生・霞目・頭痛・多毛症・性的不能・低血圧・不動脈・動悸・皮膚の紅潮・手、足、顔の痺れや痛み・胸の痛み・急速な体重の増加・手、足、顔のむくみ、などが報告されています。

ニキビを除き、上記の症状は薬剤の使いすぎの目安になるとされるので、症状が重くなってきた場合はミノキシジルの使用を控えるか、医師に相談しましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルには頭皮に塗布ものとは他に服用するタイプの「ミノキシジルタブレット」というものが販売されています。

このミノキシジルタブレットは頭皮に直接塗布する塗るミノキシジルよりミノキシジルの配合量も多いため、効果が高いと言われていますがその分副作用ももし起こってしまった場合は重い症状になってしまうようです。

特にミノキシジルタブレットで多いのが多毛症です。

ミノキシジルタブレットは塗布するタイプの物とは違い服用するので、効果が頭皮ピインポイントに作用するのではなく、全身に作用しますのでミノキシジル本来の血管膨張作用により全身のは毛穴が活性して全身の毛が濃くなるという副作用が数多く報告されています。

やはりその分全身の毛が一気に濃くなるくらい効果があるわけですので、塗布するタイプのミノキシジルより効果が高いと言えるでしょう。次に多いのが顔のむくみです。

むくむ原因は血管の中の血液濃度が下がることで血液濃度は下がり、ミノキシジルの血管膨張作用で広がった血管内は血液濃度が下がってしまいます。

そのせいで血管の中から周辺の細胞に水分が排出されることでむくみがでます。

この二つがミノキシジルの副作用報告で多いようですね、多毛症に関しては生活に支障が出るような症状ではないため、全身の毛が濃くなるというそこが気にならなければほっといても大丈夫でしょう。

むくみは放っておいて悪化すると危険な場合もあるので注意が必要です。

このページの先頭へ