AGA治療薬プロペシアとは

「プロペシア」とはAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。現在世界数十ヵ国以上で承認されており、脱毛症の治療医薬品の中では一番メジャーと言っても過言ではないでしょう。

しかし開発当初は前立腺患者用の治療薬として「プロスカー」という名称で治療薬として許可され販売されていました。

しかし後にこの「プロスカー」は毛髪の抜け毛を少なくする効果が見られることがわかり、「プロスカー」の少量版は「プロペシア」として名前を変えてAGAの治療薬として発売されることになります。

この「プロペシア」は成人男性の薄毛の原因ナンバーワンの男性ホルモン「DHT」を抑制することができます。

「DHT」は男性、女性誰の身体の中に存在していて身体の構築に一役買っています。

しかし男性の場合この「DHT」が過剰に生成される可能性があります。

そうしますと「DHT」は毛根の細胞の受容体と結合をはじめます。

受容体と結合すると過度な皮脂を分泌させ、さらにこの皮脂が毛根を塞いでしまう為頭皮の状態が悪くなり、AGAを引き起こしてしまうのです。

生活習慣が原因で起こる薄毛と違い、こちらは体質や遺伝的なものなので改善が非常にむずかしいのです。

「プロペシア」は継続して服用することでこの迷惑なDHTを抑制します。

プロペシアの育毛効果

よく「プロペシア」の関連サイトやインターネットでの口コミを見ると、「髪が生えました!!」などという言葉をよく目にします結果的に間違いではありませんが正確には違います。

「プロペシア」には育毛効果はありません。「プロペシア」は脱毛を食い止める医薬品だからです。

脱毛をなくせば脱毛する可能性があった髪は残りより成長を続け、「太く」「長く」「逞しく」なっていきます。

しかし髪が成長するには細胞分裂が必要です。

この細胞分裂の能力は個人差があるため、同じ薄毛レベルの方が同時に「プロペシア」を服用し始めてDHTを抑制したとしても同じように生えてくるとは限りません。

毛根の働きを活性化させる効果はありませんからね。ではどうするか?それは「育毛剤」を使います。これは「ミノキシジル」と言います。

「ミノキシジル」は「プロペシア」にはない毛根の細胞を活性化させ育毛を誘発させる効果があります。

「プロペシア」にはない効果を「ミノキシジル」が「ミノキシジル」にはない効果を「プロペシア」が持つという究極の医薬品のタッグです。

このページの先頭へ